アシュビーのウィル・ベネット
1835年創業

アシュビーは比較的安定した降雨量と肥沃な土壌に恵まれていることから、豊富な牧草が育ち、メリノ羊の飼育をしやすい環境となっています。牧草地は、重粘土質の沖積底地から原生低木地に及びます。

冬季は通常、夜間に霜が降り冷え込みますが、日中の気温は氷点下にはならず、稀に降雪があります。この地域の気候は、過去10年間、変動が極端になり、干ばつから洪水まで、あらゆる気象条件があり得る状況です。

持続可能性を重視するアシュビーは、「自分たちは土地の管理人である」という理念の元に経営を行っています。原生低木地には、こうした地域を保護するための誓約が定められています。一次生産者であるベネット一家は、アシュビーから生産された製品の確定的な原産地を明らかにすることに、価値と有益性があると考えています。

Site designed by
James Calvert Collaborative Design Studio